いつもの薬剤師さん

先月、右下奥の親知らずを抜きました。親知らずを抜くのは20年ぶりくらいで、抜いている最中は痛くて痛くて涙が思わずこぼれるほどでした。

 

無事に終わって処方箋をもらいましたが、そこの歯医者さんはすぐ側に調剤薬局がありません。教えてもらったのは200mほど先の薬局でしたが、帰り道と反対方向だったのでそこへは行きませんでした。痛みに耐えながら歩く帰り道、いつも子供がお世話になっている小児科の近所まで来ました。

 

そこの側の調剤薬局の薬剤師さんがとても優しいことを思い出し、そこで薬をもらうことにしました。薬局で「すいません、歯医者さんの薬なんですがありますか?」と処方箋を出すと、いつもの薬剤師さんが探してくれました。小児科ではあまり使わない強い痛み止めだったようですが、薬剤師さんが「あったわよ〜」と言いながら薬のビンを見せてくれたのでホッとしました。

 

そこで「親知らずを抜いたら痛いわよね〜」と薬剤師さんと少し話をしただけで、だいぶ気分が和らぎました。やっぱり慣れている薬局、薬剤師さんが落ち着きますね。

いつもの薬剤師さん/近所の薬剤師さん記事一覧

薬剤師さんからアドバイスをもらう/近所の薬剤師さん

私たちはドラッグストアや調剤薬局で薬剤師さんにお薬のことを説明してもらいます。調剤薬局では病院から処方されたお薬について、飲み方を間違えないように教えていただきます。病院から出されるお薬は種類も多いので、しっかりと説明を聞くことで自宅に帰り正しく服用できるのです。ドラッグストアでも同様に市販薬につい...

≫続きを読む

 

ネットによる一般医薬品の販売解禁について/近所の薬剤師さん

先日、ワイドショーの特集で「ネットによる一般医薬品の販売を解禁する」という政府の方針に対して、ドラッグストアに勤める薬剤師さんがそれを危惧する発言をしていました。それは「薬品というのは、用法や用量を間違えて使うと大変危険なものですから、必ず薬剤師に相談して欲しい」ということを言っていたからです。ただ...

≫続きを読む

 

痛み止めの在庫/近所の薬剤師さん

家にあった薬の整理をしていたら、痛み止めが二種類出てきました。カロナールとロキソニンです。カロナールは以前、寝違えて首が動かなくなったときに外科でもらいました。ロキソニンは扁桃腺が腫れて熱が出たときに処方されたはずです。たまに生理痛があるので、そんな時に飲もうかなと思うのですが、飲み方がよくわからな...

≫続きを読む

 

薬剤師を目指した友人の行方/近所の薬剤師さん

私の学生時代の友人で、理数系が飛び抜けてできる友人がいました。その友人は、高校を卒業した後「薬剤師になる」という夢を抱いて北陸の大学に進学したのですが、その後連絡を取る機会がなくなってしまいました。「やはり、薬剤師という仕事はそう簡単になれないのかなあ」と私は思っていたのですが、そんなある日、何の気...

≫続きを読む