薬剤師は薬局を変える

薬剤師さんは、薬のことだけではなく、病気についても良く理解しておられて、頭がいいのだろうなぁという印象を持っています。お医者さんが出された処方箋に基づいて、ただ、お薬を患者さんに出しているだけだと思っている人もいるかもしれませんが、私は違うと思います。

 

よく、診療所に併設されているような感じで薬局を見かけますが、必ずそこでお薬をもらうことはないはずです。
処方箋があれば、どの薬局でもお薬は手に入ります。ということは、薬局間にも患者を勝ち取るための競争が生まれるのではないでしょうか。

 

そこに気付いた薬剤師さんは、心のこもった対応をするようになります。そのような薬剤師さんが増えていけば、薬局のサービス性はかなり向上するでしょう。

 

実際、私の知るいくつかの薬局間でもサービスの質に差が生じ始めています。とここまで私論を書いてきましたが、もうひとつだけ薬剤師さんに関して思っていることがあります。
それは、海外ドラマでの薬剤師さんの扱われ方の低さです。「医者>>薬剤師」という構図が顕著すぎると思います。